戦火の中へ(ネタバレあり)

ちょっと前になりますが韓国映画「戦火の中へ」を観てきました。



この予告編でもわかるように、戦争シーンは「プライベートライアン」や「ブラザーフッド」を彷彿とさせるド迫力! 僕もそこを期待して
観に行きました。ただ不安な点がいくつかあったんです…。
まず、監督が「私の頭の中の消しゴム」「サヨナライツカ」などを撮った監督なので、韓国映画といってもバイオレンス方面じゃなく、
冬のソナタなどの泣きドラマ系の監督さんであること。
そして、主役がBIGBANGという韓国のアイドルグループ(日本でいえばジャニーズタレント)の人の主演映画であること。
更に最も気が引けたのが、この映画が実話を元にした作品であるということ。
実際、ツイッターで観た人の感想を検索すると「感動した」「号泣した」という意見ばかりでした。

さて、そんな映画を「ドンパチ映画ひゃっほーい!」という姿勢で観に行っていいものか? さすがに迷いましたが、
結局、こちらのそんなくだらない心配を吹っ飛ばすほどのドンパチ映画でしたよ!

一応、映画のオープニングとエンディングに「これは実話です」とくどいほどテロップを流し、エンドクレジットでは、生き残った人のインタビュー
映像を流してたんですが、なんかこれが言い訳に思えるほど、本編では無茶苦茶やってます。

元学校校舎の拠点防衛として残された71人の学徒兵達と北朝鮮軍との戦いを描いたストーリーで(僕はここでファーストガンダムっぽいなぁと
思ってましたが)、赤い旗をはためかせて進行してくる北朝鮮軍、それを先頭で指揮する隊長は白い軍服!(隊長さん派手!
せめてノーマルスーツを…)。

学校に残った学徒兵達は問題児ばかり、それをなんとか指揮しようとする主人公(要するにブライトさん)。で、主人公と対立してた不良が一回
脱走するんですが、敵の装甲車を奪って、主人公のピンチに絶妙なタイミングで戻ってくるんです(思わず笑ってしまいました)。

そして学徒兵達だけを残してきた事を心配している部隊長が、援軍を引き連れて戻ろうとするんですが、上司に「余分な兵力がない」と
断られてしまいます。すると共同戦線を張っているアメリカ軍の隊長が「スーパーバズーカ」と言って対戦車用のバズーカを
貸してくれて両者ニヤリ
クライマックスは主人公と不良が学生服の上に弾帯をX字に巻き、ライフルとマシンガンを両手、両肩に
構え、突入してきた北朝鮮軍と校舎内や屋上で「高校大パニック」よろしく大乱戦。
ラストは北朝鮮の白軍服の隊長は作戦の不備に文句を言ってきた部下を撃ち殺して、主人公達と一騎打ち!

え~と、どこのバカ映画かとお思いでしょうが、全てこの映画の中で描写されてた出来事です。

まぁとにかく、「感動の実話」とか「号泣必至」なんて言葉だけで敬遠せずに、ドンパチ映画、バカ映画好きにも是非観てもらいたい怪作でしたよ。
[PR]
by koshibaken | 2011-03-08 19:19 | 映画


アニメ、映画、ホビー、写真の話題などをつらつらと


by koshibaken

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ブログパーツ

検索

以前の記事

2016年 04月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月

カテゴリ

全体
映画

アニメ
未分類

最新のトラックバック

フォロー中のブログ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

映画
漫画・アニメ

画像一覧