劇場版 仮面ライダーオーズ WONDERFUL 将軍と21のコアメダル(ネタバレアリ)

なんだか最近は毎月のように日米ヒーロー映画がやっているような気がしますが、今回は劇場版仮面ライダーオーズと「海賊戦隊ゴーカイジャー THE MOVIE 空飛ぶ幽霊船」の二本立てを観て来ました。

まずはゴーカイジャーの感想から。仮面ライダーと同時上映の戦隊映画はいつも30分くらいの尺の短編なのでとりたてて印象に残らないんですが、今回のゴーカイジャーは短い尺の中で、劇場オリジナルボス敵のキャラをキチンとたてて、マーベラスとゴーカイチームとの絆を描き、更にゴーカイアクションやレジェンド戦隊ネタも織り交ぜてと、かなり充実して楽しめました(劇場版おなじみの芸能人ゲストキャラがいないのも良かった!)。
中でも見所はスカートをめくられるアイムとか、ゴーカイジャーの名乗りシーンでY字バランスをとるグリーンとか、野球仮面との野球対決でしょうか。
もちろんレッドと敵ボスとの長い一騎打ちシーンも見ごたえがあったし、幽霊船のマスト上でのロボ戦でのゴーカイロボはCGなんだろうけどあまりCG臭くない着ぐるみにも見える質感のCGで感心しきりでした。まぁ不憫だったのはゴーカイシルバーぐらいかな…?

そしてオーズ。今回の注目はなんといっても“暴れん坊将軍”松平健の出演でしたが、思ったより本筋に絡んでこないゲスト的な扱いでした。結果的にはそちらの話に尺が取られなかったので良かったと思います。今回の映画は本当にバランスがいいというか、あまり突っ込みどころがない普通に良く出来た作品でした(ただし、テレビシリーズとの整合性を考えると色々と問題あるような…)。
個人的には里中クンが白いコートをはおったまま蹴りまくるアクションが良かったよ! カメラも後ろから撮ってたんで、あきらかにコート込みでの立ち回り演出だったと思うんですが、あれはちょっとテンションあがったなぁ。
 あ、あとフォーゼですね。フォーゼのシーンは坂本浩一監督演出なのでワイヤー使いまくってましたね。腕ごと身体が飛んでいくロケットパンチや、ブースターの推力で地面をすべるように後ろに飛んでいくシーンとかは流石に見ごたえがありました。「全てのライダーと友達になる」というセリフからも、フォーゼ中心のオールライダー的な映画も作られるかもしれませんが(映画ラストで告知されたオーズ&フォーゼMOVIE大戦がそれか?)、坂本監督&中島かずき脚本でオールライダー映画が作られるならそりゃもう今から全裸で待ちたいと思います!
[PR]
by koshibaken | 2011-08-07 19:16 | 映画


アニメ、映画、ホビー、写真の話題などをつらつらと


by koshibaken

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ブログパーツ

検索

以前の記事

2016年 04月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月

カテゴリ

全体
映画

アニメ
未分類

タグ

最新のトラックバック

フォロー中のブログ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

映画
漫画・アニメ

画像一覧