アイアムアヒーロー(ネタバレアリ)

 昨今色々と批判の多い漫画原作の実写映画化。しかし本作は海外の映画祭でも賞をとるなど前評判も上々。
期待して観に行ったところ期待以上の出来に思わずエンドシーンを観ながら涙を流してしまいました。
この映画自体が、混迷する邦画エンタメ映画界に現れたヒーローでしたよ!

 監督は「図書館戦争」「GANTZ」の佐藤信介。僕は「GANTZ」は公開当時はどうせダメだろうとスルー
したのですが、後にWOWOWで観た時にアクションシーン等の映像のクオリテイが予想以上に高くて
思わず録画保存してました。主演は大泉洋。正直、原作の鈴木英雄と比べると年齢もちょっと上だし、
大泉洋の個性が勝ちすぎるんじゃないかと不安でしたが、お馴染みのチリチリ頭にストレートパーマを
あてるなど、かなり英雄に寄せていて驚きました。

 「ゾンビ映画」といえば、ロメロの「ゾンビ」以降、世界中で数えきれないほどのタイトルが作られている
人気ジャンルです。比較的低予算で作れるのもその魅力のひとつでしょうが、本作はそのメリットを捨てて、
かなり大規模なスケールのゾンビパニックシーンを描いています。CGもおざなりなものではなかったし、
韓国でのロケ撮影を敢行したのも非常にプラスにだったと思います。少なくとも映像的な安っぽさにガッカリ
させられることはなかったし、こじんまりとした作りには逃げねぇぞという心意気に胸踊りました。

 ゾンビ(本作ではZQN=ゾキュンと呼称)の描写も個性的で素晴らしかった。特に序盤での英雄の彼女
てっこや、漫画アシスタント先の塚地やマキタスポーツのZQN描写での、デッサンが狂ったような崩れた
顔の気持ち悪さは、日本…というか日本の漫画の独特な味を見事に再現してるなぁと思いました。海外の
ゾンビだとこういう感じにはしないと思うので、比較的見慣れてる我々よりも海外の人の方がフレッシュに
見れたんじゃないですかねぇ。

 冒頭での日常が崩れ、パニック状態となるというゾンビ映画お馴染みの流れ。そこでも本作は勝負して
ました。長回しを駆使したり、韓国ロケの利点を活かしたタクシー暴走シーンなど、迫力とスピード感を
重視した圧巻の仕上がり。まるで「ワールド・ウォーZ」(ブラピ主演でゾンビ映画としては破格の予算で
作られた大作)を意識してるかのようでした。
 そういえば有村架純演じる比呂美とアウトレットモールに到着するシーンで唐突にまったりした
ブルースっぽい歌が流れてましたが、あれって「ウォーキングデッド」を茶化してるんですかねw?

 モールでのクライマックスシーンも素晴らしかった。本来、吉沢悠演じるラスボス伊浦を英雄が
倒したところで充分。別にそこで終わっても「息切れしたな」なんて思わずに満足して映画館を出た
と思うんですが、そこからのゾンビの大群とのいつ終わるともしれない壮絶バトル! ちょっと
「ザ・ホード 死霊の大群」を思い出しました。そしてそれでももう本当ごちそうさま状態なのに、
全滅させてホッと一息ついた後にちゃんとラストモンスター“高飛びZQN”との対決を用意してる
という心憎さ! エンタメ映画かくあるべし! という感じで本当に嬉しくなりました。

という感じで「ゾンビ映画」「エンタメ映画」としても、凄く良く作られていた本作ですが、僕が一番
この映画で好きになったのは鈴木英雄というキャラクターの成長譚という側面でした。

 映画序盤で、35歳の漫画家アシスタント英雄のどん詰まりの生活がじっくりと描かれています。
当然、観てる側からするとこの段階で「あぁ、この現実社会では冴えない主人公が、ゾンビパニックと
化した世界でヒーローとなっていく映画なんだな」というボンクラの夢的展開を当然予測するんですが、
そう容易くはいかなかった。英雄は猟銃を持ちながら終盤まで一発も撃つことも出来ず、伊浦たちにも
出し抜かれいいことなし。そこでこんなことを長澤まさみ演じる藪に言ってました。
「世界が引っくり返っても、結局何も変わらない。俺はダメなヤツなんです」
 クライマックスに突入する手前という位置に配置されたこのセリフが本作で最もキーとなるセリフなん
じゃないかなと観てる時に思いました。思えばこれ以前の英雄は、腰が低くて、彼女にもすぐに謝ったり
してましたが、それは摩擦を避けるためにやってただけで、本当に自分の弱さを認めてたわけではない
と思うんです(うすうすは気づきながらも逃げていた)。冒頭のアシスタントシーンでも都合のいい妄想し
たり、編集者や比呂美に名前を言う時も「名前負けしてるんだけどねー」なんて言い訳を入れつつも
「英雄(えいゆう)と書いてひでおです」なんて自己紹介をしてるのを見るとプライドは人一倍もってたはず。
 それが先程のセリフでは本当に自分の弱さを認めて落ちるところまで落ちた。だからこそ、この後の
ロッカーシーンでは、今度は都合の悪い妄想ばかりしつつもそれを振り払って飛び出していくという姿が
熱く盛り上がるのです(その後、飛び出したらZQNがいないというユーモアで落とすバランスも最高)。

 そして、ラストシーン。藪に名前を聞かれた英雄が今度は「鈴木英雄…ただのひでおです」と答える姿
を見て、すでに英雄(ヒーロー)となった彼は自分で「ヒーロー」なんて言わないんだなと、分かった時に
グッと泣けてしまいました。
 
というわけで、(ハリウッド等に比べて)低予算の邦画であることや、(ある種ヘタウマな感じでも許される)
ジャンル映画ということに甘えずに、エンターテイメント映画として真っ当な姿勢で作られた本作を観て
本当に嬉しかったです。贔屓目もあるかもしれませんが、現状僕の今年ナンバーワンです!

d0198868_21161228.jpg
[PR]
by koshibaken | 2016-04-28 21:16 | 映画


アニメ、映画、ホビー、写真の話題などをつらつらと


by koshibaken

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ブログパーツ

検索

以前の記事

2016年 04月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月

カテゴリ

全体
映画

アニメ
未分類

最新のトラックバック

フォロー中のブログ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

映画
漫画・アニメ

画像一覧